外交

24日オバマ米大統領訪日 18年ぶり国賓として招待

 政府は4日午前の閣議で、オバマ米大統領を24、25日に国賓として招待することを決定、24日に安倍晋三首相との日米首脳会談を行なう。訪日する米大統領を国賓として接遇するのは1996年(平成8年)のクリントン大統領以来18年ぶり。

 

 国賓として接遇する場合、歓迎行事、天皇皇后両陛下ご会見、宮中晩餐会、離日前の両陛下ご訪問などの行事が開催される。

 

 日米首脳会談の内容について、菅義偉官房長官は4日午前の記者会見で、「厳しさを増す日本周辺での国際環境を踏まえて、力強い日米同盟を再確認し、さらなる具体的な協力を打ち出す予定。またアジア太平洋の繁栄という観点からTPPを含め、日米のさまざまな協力関係について議論される」と述べている。

 あなたにオススメの記事