FUKUSHIMA

「福島第一原発3号機」プール内の写真公開 燃料の損傷はなし

 東京電力は、今月6日の福島第一原発3号機での作業中に燃料プールへがれきを落下させてしまったことから、水中カメラによる調査を行い、プール内の写真を21日に公開。写真によると燃料の損傷は確認できなかった。

 

 6日、東電は撤去作業中のがれきをあやまって燃料プールに落としてしまった。これにより燃料が損傷したのではとの指摘などを受けたことから、水中の視界が収まるのを待ち、14日から18日に渡ってプール内の調査や撮影を行った。

 

 今回の調査では、燃料ラックには堆積物は確認されたが、特に燃料の損傷やラックの変形は見られなかったという。今後は、落下したがれきの回収作業に取りかかる。

 あなたにオススメの記事