医療技術

はしか流行止まらず…3月までに患者231人 昨年1年間に匹敵

   麻しん(はしか)の流行が拡大し、3月までで昨年1年間と同じ規模の患者数が発生していることが、国立感染症研究所のまとめでわかった。

 

   同究所によると、2014年に入り、第13週(3月24〜30日)までに確認された麻しん患者は全国で231人。昨年は計232人で、ほぼ3ヶ月で1年間の患者数に達した形だ。

 

   都道府県別で最も多いのは東京都の41人。次いで、静岡県27人、京都府と千葉県がそれぞれ22人となっている。ただ、人口100万人あたりでみると、京都府が8.3人で最多。静岡県7.2人、和歌山県7.0人と続き、この3府県が突出して多い。

 

   年齢別では、20代が23%を占めて最も多く、以下は1〜4歳が21%、30代が17%など。予防接種を受けていないか、受けていても時間が経って免疫が弱まっている可能性がある若い世代が多くなっている。

 

   また、感染経路は国内が約7割。1月頃まではフィリピンなど海外での感染が目立ったが、次第に国内感染にシフトしており、輸入された麻しんウイルスが国内で広まっている可能性があるという。

 

   麻しんは感染力が非常に強く、重症化すると肺炎や脳炎で1000人に1人が死亡するとされ、同研究所は特に子供や高齢者は注意するよう呼びかけている。

 

 

■麻しんの最新情報は感染症マップでごらんいただけます。 

 

 あなたにオススメの記事