リコール

小保方さん午後1時から記者会見 理研理事長は国会答弁

 STAP細胞論文をめぐる問題で、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーは今日(9日)午後1時から、理研に対する不服申し立てについて記者会見を開く。

 

 これに先立ち、理研の野依(のより)良治理事長は午前に衆院文部科学委員会で答弁し、「若手の研究者については、経験が不十分であるがゆえに有するリスクに対する認識が甘かったのではないか」と述べている。

 

 小保方氏は理研に対する不服申し立ての中で、「改ざん・ねつ造とされた調査結果についての再調査」、「研究不正ではないとの認定」などを求めている。

 

 あなたにオススメの記事