医療技術

熊本県で鳥インフルエンザ 鶏11万羽を殺処分へ

 農林水産省は13日、熊本県多良木町(たらぎまち)の養鶏場で、H5亜型鳥インフルエンザの鶏が確認されたため、この養鶏場の管理者が同県相良村(さがらむら)でも飼育している鶏と合わせ、約11万羽を殺処分にすると発表した。

 

 農水省によると、12日午後、鶏の死亡が増加しているという通報が養鶏場(多良木町)から熊本県に入り、インフルエンザの簡易検査を実施したところ、5羽のうち5羽すべてが陽性反応。その後、同県が遺伝子検査を実施したところ、H5亜型の鳥インフルエンザであることが13日に確認された。

 

 この養鶏場の管理者は多良木町で約5万6000羽の飼育を行っているが、同県同郡の相良村でも同じく約5万6000羽の鶏がおり、農水省ではこの約11万羽の殺処分を決定。

 

 今後は、感染の拡大を防止するため、養鶏場周辺の消毒を強化し、主要道路には消毒ポイントを設置。また、現地へは専門家を派遣して防疫対策を進めていく。

 

 なお、鳥インフルエンザは人に感染した事例は報告されておらず、農水省では「生産者等の関係者や消費者が根拠のない噂などにより混乱することがないよう、御協力をお願いします」と述べている。

 あなたにオススメの記事