FUKUSHIMA

原発の風評被害払拭へ 福島のアンテナショップを「見でって!」

 福島県の首都圏向けアンテナショップ「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」が12日、東京都中央区日本橋にオープンした。

 

 このアンテナショップは、原発事故の風評被害を払拭するため、福島県と県商工会連合会が連携して開設。事故以前には、有数の食ブランドとして人気の高かった桃や米、日本酒、ラーメンなどの安全性と質の高さを首都圏に向けてアピールする。

 

 同時に、観光情報や復興の歩みも発信しており、店名のMIDETTE(ミデッテ)は、福島の方言「見でって(見て寄っていって・見に来て)」から名付けられている。

 

 MIDETTEには、物販のほか、飲食&催事&体験コーナーも設けられており、場所はJRの新日本橋駅と神田駅、東京メトロ三越前駅などから徒歩圏内に立地。

 

 営業時間は、年末年始以外無休で、平日は午前11時~午後8時(土日祝日は午前11時~午後6時)となっている。電話は03-6262-3977。

 あなたにオススメの記事