宇宙

皆既月食 全米で「赤い月」を観測

 満月が地球の影に隠れる「皆既月食」は別名「血の月」とも言われるが、15日に今年最初の皆既月食が全米で観測され、多くの人が壮大な「天文ショー」を楽しんでいる。

 

 今回の月食は日本時間午後3時ごろから、満月の左側から欠け始め、1時間後には完全な月食となり、「血の月=ブラッド・ムーン」が姿を現した。

 

 「血の月」は、月が地球の影に完全に隠れた状態でも、地球の大気の層で屈折したわずかな太陽の光が月に届き赤黒く輝くために起きる。

 

 この「血の月」、日本でも約半年後の10月8日にほぼ全国で見ることができるとのこと。

 あなたにオススメの記事