事故

韓国の旅客船座礁「邦人被害の情報 現時点ではない」官房長官

 韓国南西部沖で、修学旅行中の高校生ら約450人を乗せた旅客船が座礁、浸水している事故について、菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、「邦人について被害の情報は現時点ではない」との情報を明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、日本政府が把握している情報について、「韓国の沿岸警備隊は約350人をもって、南西部を航行していた旅客船からの遭難信号を受信した。当局者が16日、明らかにしたことによれば、沈没しつつあると報じていたということだし、乗客の多くは修学旅行で済州島に向かう生徒だったということ」と説明している。

 あなたにオススメの記事