歴史
Loading

防災歳時記4月25日 JR福知山線脱線事故から9年

   今から9年前、2005年の今日4月25日、兵庫県尼崎市で「JR福知山線脱線事故」が起きた。


   発生時刻は午前9時18分ごろ。JR西日本の快速列車(7両編成)の前方5両が、塚口駅と尼崎駅の間の右カーブで脱線。1両目は片輪走行で左に傾きながら、線路脇の分譲マンション1階の駐車場部分に突入し、続く2両目もマンション外壁に車体側面から叩きつけられた。


   この事故による死者は107人。負傷者も562人を数えた。

 

   安全と思っていた鉄道で、突如として起きた大惨事。マンションに巻きつくような形でへしゃげた車両の姿を、衝撃的な記憶として覚えている人も多いだろう。


   航空・鉄道事故調査委員会(現・運輸安全委員会)による2007年の最終報告書によると、脱線の原因は「ブレーキ操作の遅れにより、半径304メートルの右カーブに時速約116キロで進入し、1両目が外へ転倒するように脱線し、続いて後続車両も脱線した」というもの。


   背景には、私鉄各社との競争にさらされたJR西日本の過密ダイヤ、遅れを過度に恐れる運転士(事故で死亡)の心理などがあったとされており、特にJR西日本に対しては「利益優先体質だ」として事故の遺族や被害者らから強い批判が寄せられた。

   悲惨な事故で救いだったのは、近隣の住民がいち早く救助に駆けつけたことだ。


   けが人の数があまりに多かったため、救急車だけではとても間に合わず、軽傷者はパトカーや住民の自家用車に乗せられて病院に搬送された。その数は、全体の半数に上る。白バイやパトカーの誘導を条件に、道路交通法上は人を乗せられない大型トラックの荷台も特別に活用し、けが人を乗せて運んだケースもあったという。


   また、事故現場に並行する下り線には、新大阪発城崎温泉行きの特急が接近していたが、事故を目撃した住民が近くの踏切非常ボタンを押して異常を知らせ、特急は約100メートル手前で停車して難を逃れている。


   住民の迅速な行動は、1995年の阪神淡路大震災による経験が大きい。「一刻も早く、一人でも多く」。そんな気持ちが多くの住民を突き動かしたのだろう。


   ただ、そんな住民の中にも事故後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症する人は少なくない。もちろん負傷者の中にも、今なお心身の両面で後遺症に苦しんでいる人がいる。それだけ、この事故のもたらした”傷”は深いものなのだ。


   来年、JR福知山線脱線事故は10年の節目を迎える。