生活情報

携帯6社がメールとSMSの絵文字を共通化

 携帯PHS会社のドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムは24日、各社間で送受信されるメールとSMSの絵文字を共通化すると発表した。今年5月から順次進めていく。

 

 これまで携帯各社では独自規格の絵文字を使っており、メールやSMSを送信した場合、受信側のキャリアが異なると、画面上には別の絵文字や「〓」が表示されるなど不便な仕様になっており、利用者から改善の要望が絶えなかった。

 

 そこでモバイル6社では、Unicode規格に合わせて絵文字の数と種類を共通化。今年5月以降に順次進め、今後はキャリアに関係なく意図した絵文字を送ることができるようになる。

 あなたにオススメの記事