気象

東海・関東甲信 あすにかけ激しい雷雨や突風に注意

 気象庁は、東日本では、あす(1日)のはじめにかけて、雷をともなった激しい雨が降り、大雨になるところがあるとして、低い土地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風への注意を呼びかけている。

 

 30日の日本列島は、紀伊半島付近に前線があり、あす(1日)にかけて、東日本の南岸をゆっくりと東北東に進む見込みで、前線に向かって湿った空気が流れ込むため、東日本では大気の状態が非常に不安定になると見られる。

 

 このため東日本太平洋側では、あす(1日)はじめにかけて雷をともなった激しい雨が降り、大雨になるところがある見込み。

 

 あす(1日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで東海地方が150ミリ、関東甲信地方が130ミリとなっており、東日本では、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要。

 あなたにオススメの記事