FUKUSHIMA

安倍首相も同席で署名 東電が廃炉に向け英国企業と協力

 東京電力は2日、社内分社の福島第一廃炉推進カンパニーが、廃炉に向けて同作業の経験を持つ英国セラフィールド社と運営・技術に関する情報交換を行うとの声明を発表した。英国での署名式には、安倍首相も同席で行われた。

 

 セルフィールド社はウィンズケール原子炉の廃炉や、放射性廃棄物保管設備の廃止措置、放射性汚染水の漏えい事故処理などを経験しており、同分野での最新技術などを有している。

 

 そこで東京電力では福島第一原発の事故以来、4回にわたって同社を訪問し、廃止措置の現場を視察したり、経営幹部や技術者との意見交換を通じてその取扱についての情報を得てきた。今後はその関係を双方で強力にしていくのが狙い。

 

 協力声明の署名については、日英政府や英国原子力廃止措置機構(NDA)なども関わっており、1日(現地日付)にロンドンで行われた署名式には、日本の安倍首相だけでなく、英国のNDA会長や気候変動大臣も参加した。

 あなたにオススメの記事