歴史
Loading

防災歳時記5月5日 端午の節句は男の子のためじゃなかった

 屋根より高い鯉のぼり――の5月5日は言うまでもなく「端午の節句」である。

 

 男児の成長を祝うため兜や刀、金太郎などの五月人形を飾り、庭には鯉のぼりをなびかせる。ちまきや柏餅を食べる風習もある。

 

 ところが日本の歴史において、この日は本来、男子を祝うためではなく、かなり深刻な祈りを込めた一日だったことをご存知だろうか。

 

 5月5日は五節句の一つである。

 

 節句とは季節の変わり目を意味しているのだが、その日取りを眺めてみれば少なからず違和感が生じてくる。

 

1月7日 人日(じんじつ)
3月3日 上巳(じょうし)
5月5日 端午
7月7日 七夕(しちせき)
9月9日 重陽(ちょうよう)

 

 いずれも季節の変わり目と言いながら、日本の四季とは何もリンクしていないのである。

 

 これはもともと、数字の並びを重視する中国(唐)のルールを持ち込んだため。節句にまつわる行事は、日本では主に宮中で伝わっていったが、その中で重要なものとして庶民にも浸透したのが端午の節句だった。

 

 端午の節句が重要視された理由は、旧暦の5月5日が現在(新暦)で考えると6月頃となり、ちょうど梅雨の最中にあたったからである。この時期は、今ならば洗濯物が乾かなくて困ったりする程度だが、衛生環境の悪かった昔は、伝染病や害虫が脅威となる、一年で最も厄介な時期だった。

 

 そのため貴族のみならず庶民たちも、徐々にこの日に平和を祈願するようになっていった。

 

 古いところでは、聖徳太子が摂政を務めたことでも知られる推古天皇の時代にも「端午の節句」の記録が残っている。

 

 日本書紀の611年5月5日に「薬猟りをした」と記されているのだが、その後もこの日は、山へ薬草や鹿の抜けた角(漢方薬)を取りに行く日として「薬日」とも呼ばれた。

 

 このとき珍重されたのが、根が薬草として使える菖蒲(しょうぶ、あやめ)。葉の形が刀のように鋭いことから「破邪の効果」もあるとされ、5月5日の宮中儀式では、天皇や貴族がみな冠に菖蒲をさした。

 

 そして時代が進み、宮中の様々な行事が庶民にも広がっていく中で、「衛生や健康」に効果が期待できる端午の節句が人々の間にも広く浸透。

 

 江戸時代になると、菖蒲の音読みが「ショウブ」=「尚武」(武道を重んじること)に通じることから、武家の間で男子に縁起いいものとして取り入れられ、いつしか「端午の節句」は男の子の日となっていったのだ。

 

 端午の節句は本来男子限定ではなく、人々が健康であることを祈り、同時に感謝する日――。

 

 だからと言って、鯉のぼりにそれを指摘するのも野暮ってものだろうから、心の中で密かに祈りを捧げておくのが良いのかもしれない。

 あなたにオススメの記事