軍事

南シナ海 中越衝突「中国の一方的かつ挑発的活動」官房長官

 南シナ海でベトナム船と中国公船が衝突した事件について、菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、「今回の事態は中国の一連の一方的かつ挑発的な海洋進出活動の一環であると受け止めている」と述べ、中国に対する強い抗議の意を表明した。

 

 同会見で菅官房長官は、「中越間の衝突について事実関係の詳細については確認中。ただ多数のベトナム船舶が損傷して死傷者が出ているという情報があり、強い懸念を持っている。そういう中で事態を注視しているというのが現在の状況」と現状を説明。

 

 また、「この境界未確定の現場海域において、中国による一方的な掘削活動によって地域の緊張感高まっていることを深く憂慮する。今回の事態は中国の一連の一方的かつ挑発的な海洋進出活動の一環であると受け止めている」との認識を表明。

 

 さらに、「中国側はベトナム側および国際社会に対し、自らの活動の根拠や、その詳細について明確に説明すべきであると考えている」と中国の行動を非難するとともに、 「緊張を高める一方的な行動を慎むとともに慣例や国際法を遵守して、実際的に行動することをわが国としては強く求めたい」と中国の自制を求めている。

 あなたにオススメの記事