生活情報

カリタ コーヒーメーカー火災事故で自主回収

 カリタが輸入し、タリーズコーヒーで販売されたコーヒーメーカーで5件の火災事故が発生したことから、カリタは15日、同製品(対象1280台)について自主回収を発表した。

 

 この製品は、2006年4月から2009年にかけて販売されたカリタコーヒーメーカー(AP-103)で、発煙・発火の原因について特定に至っていないが、製造時におけるビスの締め付け不良により、端子台で接触不良が生じ、異常発熱したと推測されている。

 

 また、これまでの火災はコーヒー抽出時に発生しているとのことで、同社はホームページなどで製品の自主回収を呼びかけている。

 

 

<連絡先>

株式会社カリタ お客様相談室
〒221-0021 横浜市神奈川区子安通1-111-1
フリーダイヤル(無料):0120-381-750

<受付時間>


9:00~17:00(5 月25 日までは土日も受付)

 あなたにオススメの記事