経済

ヤフーがイー・アクセスの子会社化を中止

 ヤフーは19日、イー・アクセスの株式をソフトバンクから取得し、子会社化するという取り決めを中止にしたと発表した。

 

 イー・アクセスは2014年6月1日にウィルコムと合併を行い、後日、社名をワイモバイルに変更する予定。

 

 従来は、この新会社をヤフーの子会社にして携帯事業を進めていくはずだったが、「自らインフラを手がけるよりも、ヤフーはサービス、イー・アクセスはインフラというそれぞれの強みを生かした協業の形で事業を進めていくことが望ましい」として、今回の子会社化を中止にした。

 

 なお、ヤフーによる新会社の子会社化は中止となったが、イー・アクセスとウィルコムが合併する6月1日以降もヤフーとの密接な連携は続き、「ネットの生み出す楽しさ・便利さをみんなの手元に届ける」とのコンセプトで協業していくという。

 あなたにオススメの記事