製品・サービス

災害情報発信デジタルサイネージ自販機を出展 大日本印刷

 大日本印刷は1日、ダイドードリンコと共同開発した「災害情報発信デジタルサイネージ自販機」を学認シンポジウム後援企画「ICTSFC学認ソリューションフェア」(3/5開催)に出展すると発表した。デジタルサイネージとは通常、平面の電子ディスプレイに広告などを流す媒体のことを指し、これを両社の協力によって自販機に設置。災害発生時には情報を届けるメディアへと変化させた。

 

 今回、2社が開発した自販機は、平常時には飲料水を販売しながらディスプレイにて防災情報等を告知。いざ災害が発生したときは、住民の避難場所を示したり、帰宅困難者には災害伝言ダイヤルの使用方法を指南し、地震情報を告知するなど、非常時の有益情報を伝える。

 

 費用は飲料自販機からの売上で賄われるため、設置者の負担はゼロ。インターネット回線だけでなく地デジ波(関東圏対応)からも情報を取得できるため、万が一ネット回線が遮断されても、地デジから取得した最新情報をディスプレイ上に流すことができる。

 

 今後、両社では学校や病院、店舗、商業施設、展示会場などへも提供していくとのこと。

 あなたにオススメの記事