生活情報

スバル 教習車でリコール 補助ブレーキ効かないおそれ

 スバルは22日、自動車教習所で使用されている教習車の「インプレッサ」で、助手席に設置された教官用の補助ブレーキが効かなくなるおそれがあるとして、計452台のリコールを国土交通省に届け出た。

 

 この不具合は、教習車助手席の補助ブレーキで、使用条件によってはペダルアーム部からクレビスピンが抜け落ち、ブレーキが効かなくなるおそれがあるというもの。

 

 すでに1件の不具合報告があり、事故には至ってないが、同社では452台の全ユーザーを把握しており、電話や訪問、メールなどで直接告知し、適切な部品に交換するとしている。

 あなたにオススメの記事