生活情報

「美しい日本をホテルが走る」JR西が寝台列車を新規導入

 JR西日本は21日、上質なデザインを売りとしたホテルのような寝台列車を新たに開発し、2017年春から京阪神と山陰・山陽エリアで運行すると発表した。バスタブのある豪華な客室や風を感じる展望デッキを設ける。

 

「美しい日本をホテルが走る 上質さの中に懐かしさを」とのデザインコンセプトのもとに作られる新たな寝台列車は、N700系新幹線のデザイナー福田哲夫氏や、迎賓施設などを設計する建築家浦一也氏、著名なフードコラムニスト門上武司氏などによってプロデュースされる。

 

 外装は落ちついた緑色で、客室6両、食堂車やラウンジ車両など全10両の編成で、乗客定員はわずか30人ほどの見込み。最上級バスタブつきの客室は1両に1室という広さを誇り、プライベートバルコニーも設置される。

 

 コースは未定だが、京都、広島の厳島神社、島根の出雲大社などを巡る歴史文化に富んだルートが想定されており、JR九州で人気の豪華寝台列車「ななつ星」のライバルとして期待される。

 あなたにオススメの記事