防災知識

2日は北陸と北日本で、暴風や大雪に警戒が必要

 気象庁は1日、急速に発達しながら北海道付近を通過する低気圧の影響で、2日は北陸や北日本で暴風や猛吹雪の恐れがあると発表した。

 

 1日の夜は低気圧や前線に向かって南からあたたかい空気が流れ込み、気温がさらに上がるため、雪崩や湿った雪による電線への着雪の恐れがあり、 寒冷前線が通過する2日未明には、日本付近は再び強い冬型の気圧配置となる見込み。

 

 2日に予想される最大風速/最大瞬間風速は、北海道地方で30メートル/45メートルで、東北地方で25メートル/35メートル。同日に予想される波の高さは、北海道地方、東北日本海側で8メートル、北陸地方で6メートルとなっている。

 

  なお北海道地方では3日にかけて大雪となると見られており、2日の18時までの24時間で、多いところで70センチの降雪量が予想されている。

 

 気象庁予報部は、局地的な大雪による交通障害などへの警戒をし、樹木や電線への着雪に注意するよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事