イベント

新幹線のお医者さん「ドクターイエロー」7月に特別公開 JR東海

   ”新幹線のお医者さん”と呼ばれる黄色い新幹線「ドクターイエロー」が7月26、27日、JR東海の浜松工場(浜松市)で開催される東海道新幹線の開業50周年記念イベントで特別公開される。


   ドクターイエローの正式名称は「新幹線電気軌道総合試験車」。走行しながらレールや架線の歪みなどを調べる特別な車両だ。新幹線の安全運行を支える縁の下の力持ちで、真っ黄色なボディが人気を集めている。


   今回は特別に車内を見学でき、所要時間は約20分。各日200組限定(1組最大5人まで)で、6月2日〜19日に往復はがきで申し込み、応募多数の場合は抽選となる。結果は当選・落選に関わらず、7月17日ごろ返信はがきで届くという。


   イベントではこの他に、N700系の車体と台車を切り離す検査作業の実演や、最新型車両N700Aの車両見学、小学生以下を対象に車掌体験(事前申し込みが必要)なども予定。


   また、親子向けには、東京駅発でドクターイエローの車内や大井車両基地(東京都品川区)を1泊2日で巡るツアーも企画されている。


   問い合わせはJR東海テレフォンセンター(050-3772-3910)。

   

 あなたにオススメの記事