気象

世界の異常気象速報 スリランカ南西部で「大雨」など7カ所

 気象庁が4日発表した全球異常気象監視速報によると、5月28日から6月3日の1週間に発生した世界の異常気象はスリランカ南西部で「大雨」など7件。


 5月28日~6月3日に発生した世界の異常気象・気象災害は以下のとおり。


【高温】東アジア北東部
 東アジア北東部では、暖かい高気圧に覆われ、北海道の倶知安では、3日の平均気温が平年値より約7.8℃高い21.3℃に達し、最高気温が平年値より約12℃高い31.2℃となった。
 また、北海道では、3日にオホーツク海側を中心に複数のアメダス地点で統計開始以来の最高気温を記録した。
 中国吉林省の長春では、31日の平均気温が平年値より約9℃高い28℃に達し、最高気温が34℃に達した。
 中国政府によると、中国の首都である北京では、29日の最高気温が41℃を超え、1951年5月の記録である38.3℃を超えた。


【高温】中国大陸南部
 中国大陸南部では、先週と同じく南から暖気が入り、異常高温となった。
 中国雲南省の昆明では、2日と3日の日平均気温が平年値より約5℃高い25℃に達し、2日の最高気温は32℃に達した。


【低温】西シベリア南部~中央アジア東部
 西シベリア南部~中央アジア東部では、北からの寒気が入り、カザフスタンの首都アスタナでは、29日~31日の日平均気温が平年値より約7℃低い10℃を下回り、30日の最低気温は2℃を下回った。


【大雨】スリランカ南西部
 スリランカ政府によると、スリランカ南西部では、大雨による洪水や地すべりにより、10人以上が死亡した。
 スリランカの南西海岸沿いのインド洋に面した港湾都市コロンボでは、1日~2日の2日間降水量が130ミリに達した。(6月の月降水量平年値は244.4ミリ)


【多雨】黒海西部沿岸及びその周辺
 黒海西部沿岸及びその周辺では、低気圧や前線の影響を受け、ブルガリア東部の黒海沿岸の都市ブルガスでは、28日~30日の3日間降水量が80ミリに達した。(5月の月降水量平年値は39.5ミリ)


【多雨】アルジェリア北部
 アルジェリア北部では、低気圧や前線の影響を受け、アルジェリア北東部のベジャイア空港では、2日の日降水量が60ミリに達した。(6月の月降水量平年値は12.1ミリ)


【高温】オーストラリア東部
 オーストラリア東部では、北からの暖気が入り、先週に引き続き異常高温となった。
 オーストラリア東部のロングリーチでは、28日~30日の日平均気温が平年値より約5℃高い23℃に達し、日最高気温は30℃に達した。

 あなたにオススメの記事