気象

東京都多摩西部と栃木県日光市に土砂災害警報

 気象庁は9日夕方、降り続く大雨のため地盤が緩くなり土砂災害の危険性が高まっているとして、東京都多摩西部の4市町と栃木県日光市に対し、土砂災害警報を発した。

 

 警報が出されたのは東京都多摩西部の青梅市・羽村市・あきる野市・日の出町と栃木県日光市(旧日光市・旧今市市・旧藤原町・旧足尾町・旧栗山村)。

 

 崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地区の住人に対して早めの避難を促すとともに、自治体から発表される避難勧告に注意するよう呼びかけている。

 

 気象庁によると、東・西日本では所々で雷を伴う激しい雨が降っており、特に関東甲信地方では局地的に猛烈な雨となるおそれがあり、明日(10日)午後6時までの24時間に予想される雨量は多いところで150ミリの見込みとなっている。

 あなたにオススメの記事