気象

12日にかけて関東甲信や東北地方で激しい雨 土砂災害に警戒を

 梅雨前線上に発生する低気圧の影響で、関東甲信や東北地方では12日にかけて雷を伴った激しい雨が降る見込みとなっており、気象庁では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼びかけている。

 

 気象庁によると、梅雨前線上に発生する低気圧が発達しながら北東へ進み、12日朝に関東地方の東岸へ達した後は東北地方の太平洋側を北上。この低気圧や前線に向かって南から湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になる見込みとなっている。

 

 このため関東甲信地方では11日夕方から12日朝にかけて、東北地方では12日に雷を伴った激しい雨が降る見込みとなっており、12日午前6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多いところで関東甲信地方が150ミリ、東北地方が100ミリとなっている。

 

 気象庁では、これまでの大雨によって地盤が緩んでいるところがあるため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に対しての警戒を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事