気象

沖縄の南海上で台風6号発生 伊豆諸島はあす夜から影響

 低気圧と前線の影響で、関東地方と伊豆諸島はあす(12日)にかけて激しい雨が降るおそれがあるが、気象庁は11日午後、沖縄の南海上で台風6号が発生したと発表、この台風は、あす午後には伊豆諸島に接近する見込みで、同地域では大雨などに注意が必要。

 

 気象庁によると台風6号は11日午後4時25分現在、中心気圧996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートルで、南大東島の西南西約390キロの海上を時速35キロで東に進んでいる。

 

 この台風はあす(12日)には温帯低気圧に変わると見られるが、あす午後3時には伊豆諸島の南方海上に達する見込みで、あす夜からは伊豆諸島で雨が強まるおそれがある。

 

 12日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、関東甲信地方で150ミリ、伊豆諸島で180ミリ、東北地方で100ミリとなっているが、伊豆諸島ではあす夜になっても台風の影響で大雨に対する注意が必要。 

 あなたにオススメの記事