環境

食べられなくなる?ニホンウナギが絶滅危惧種に指定

 政府機関や専門家らで作る「国際自然保護連合(IUCN)」は12日、最新のレッドリストを公表し、ニホンウナギを「絶滅危惧種」に指定した。この指定自体に法的拘束力はないが、将来的に野生動物の取引を規制するワシントン条約の保護対象となる可能性もある。

 

 生息数が激減しているニホンウナギについてはIUCNで昨年から検討が進められていたが、今回発表されたレッドリストで、ニホンウナギは絶滅危惧種のうち上から2番目にあたる「絶滅危惧種1B類=近い将来、野生での絶滅の危険性が高い」に分類された。

 

 ニホンウナギが絶滅危惧種に指定された理由としてIUCNは、生息地の減少、水質悪化、海流の変化、乱獲などを挙げている。

 

 この指定自体に法的拘束力はないが、ニホンウナギの保護を求める国際世論が高まることも考えられ、今後、野生動物の国際取引を規制するワシントン条約の対象種に指定される可能性も否定できない。

 

 あなたにオススメの記事