リコール

ニコニコ動画で不正ログイン 22万IDで被害額17万円

 ドワンゴは13日、同社が運営している「ニコニコ動画」において、220万回以上の不正アクセスが試行された結果、約22万アカウント(ID)が不正ログインされ、そのうち19アカウントで約17万円分のニコニコポイントが不正に使用される被害があったと発表した。

 

 同社によると、1日と9日に計3名のユーザーから不正ログインに関する問い合わせがあり、9日から調査を始めたところ第三者(同一IPアドレス)による大規模な不正ログインのあったことが10日に判明。

 

 不正ログインは、5月27日~6月4日にかけて行われており、サイト内のサービスを利用できるニコニコポイント17万円分が不正に使われていた。

 

 そこで同社ではニコニコポイントの不正利用が発覚したゲームでの課金サービスを停止する対策などを実施し、その後、実被害の有無にかかわらず不正ログインされたすべての被害者に対して事情を説明するメールを送信、さらには全ユーザーに向けてパスワードの変更願いを通知した。

 

 同社によると、今回のハッキング手口は、何らかの手段によって不正に入手したユーザーのIDとパスワードをリストのように用いて様々なサイトへ不正ログインを試み、個人情報の閲覧などを行うというもの。

 

 今回の不正ログインによって想定される被害は、ニコニコポイントの不正使用のほかに、登録情報の流出やメールとパスワードの変更、動画やコメントのなりすまし投稿などが考えられるという。

 あなたにオススメの記事