震災復興

本田選手がフットサルコート場を寄贈 石巻市

 サッカー日本代表の本田圭佑選手が、宮城県石巻市にフットサルコート場を寄贈し、3日に行われた贈呈式には約600名の参加者が集まった。

 

 本田選手からの寄贈コートが建設されたのは石巻市総合運動公園内。「ホンダファミリアフットサルコート石巻」と名付けられた同コートは、広さ760平方メートルの敷地が全面人工芝で覆われ、夜間照明も設備されている。本田選手の寄付や「Notice of HONDA災害支援基金」に集まった支援の1,800万円で建設された。

 

 贈呈式の当日は、地元のスポーツ少年団の交流会も行われており、600人の参加者で賑わった。

 あなたにオススメの記事