イベント

日本対コートジボワール 本田が先制点!ブラジルW杯

 ブラジルで開催されている第20回ワールドカップ日本対コートジボワール戦は、前半16分に長友からパスを受けた本田がシュートを決め、1-0と先制している。

 

 強い雨の降りしきるブラジル・レシフェ会場で午前10時(日本時間)に始まった日本対コートジボワール戦は、立ち上がりこそ相手に押されがちだったサムライブルーだったが、前半16分に敵陣深くでスローインを獲得。

 

 香川から長友へボールが渡ると、DFのプレッシャーをかわして本田へパス。ボールを受けた本田はワンタッチでDFをかわして、すぐさま打ち抜いた左足のシュートがゴールネットへ突き刺さった。

 

 その後、両チームとも一進一退でゲームは進み、前半30分時点で日本1-0コートジボワールとなっている。

 あなたにオススメの記事