経済

ドンキ グループ不動産会社 粉飾決算で1億円超の課徴金命令勧告

 証券取引等監視委員会は19日、ディスカウントストアなどを経営する「ドン・キホーテホールディングス」の子会社で東証マザーズに上場している不動産会社「日本アセットマーケティング」に対し、架空売上げを計上し、粉飾決算を行なったとして、有価証券報告書等の虚偽記載で1億915万円の課徴金納付命令を発出するよう金融庁に勧告を行なった。

 

 同委員会によると日本アセットマーケティングは、ソフトウェアの販売にあたり、実体のない販売代理契約を締結し、仲介手数料を販売先に還流させた上で、仲介手数料に相当する金額をソフトウェア販売代金として計上していた。

 

 これにより同社の平成23年3月期の決算は、売上高が実際には8300万円しかないところを、1億300万円と報告していたことになる。

 あなたにオススメの記事