リコール

75人が炭疽菌接触の可能性 米CDC研究施設

 19日米疾病対策センター(CDC)は、ジョージア州アトランタにある研究施設3ヶ所の職員75人が、炭疽菌に接触した可能性があると発表した。

炭疽菌は生物兵器にも使われる致死性の高い病原菌で、極めて限られた研究施設で厳重な管理のもとに保管されているが、今回の事故原因についてCDCは、研究用に不活性化した炭疽菌と感染力のある炭疽菌を取り違え、バイオセーフティレベルの低い研究施設で、防護服の着用なしに接触してしまったとしている。


CDCでは、本人、家族を含め感染している可能性は低いとしているものの、引き続き対象者に抗生物質などを与え経過観察を行っているとのこと。

 

CDCでは、今回の問題について詳細な調査を行い、安全プロセスを改善するとしている。

 あなたにオススメの記事