防災知識

3月11日に列車の停止訓練を実施 小田急電鉄

 小田急電鉄は11日、大規模地震を想定した防災訓練の一環として「列車一旦停止訓練」を実施する。

 

 訓練の開始時刻は11日午後2時46分。主な内容は、大地震の発生を想定した緊急停止の通報と、それに伴う列車の一旦停止訓練で、箱根登山線も含む全列車を対象に2分間にわたって行われる。訓練の中には、安全確認や運転の早期開始、帰宅困難者への対応なども含まれており、Twitterで運行状況も提供するという。

 

 小田急電鉄では従来より9月1日の防災の日に訓練を行なってきたが、昨年3月11日から全線を停止させる大規模訓練もスタート。ちなみに同電鉄では、東日本大震災の当日、「2時46分の地震発生時に運転を停止し、0時から終日運転を始めました。避難についても滞りなく行えました」とのこと。

 あなたにオススメの記事