生活情報
Loading

サッポロ 極ZEROを発泡酒に変更で116億円の追加納税

 サッポロビールHDは20日、第3のビールとして販売していた「サッポロ 極ZERO」が、国税庁より税率適用区分に関して製法などの照会を受けていた問題について、混乱を避けるため自主的に発泡酒への切り替えを行い、それに伴う116億円の酒税を追加納付すると発表した。

 

「極ZERO」はプリン体と糖質を0にした発泡性リキュールとして2013年6月から販売され、同社では「ビール」や「発泡酒」と比べて安い税率となる「第3のビール」の適用区分としていた。

 

 しかし、税率適用区分の確認のため国税庁から同商品の情報提供を求められており、同社でも検証作業を続けているが、もしも第3のビールとして認められなかった場合は客や取引先に迷惑をかけるとして、自主的に発泡酒へと区分を変更。

 

 これに伴い、延滞税を含めた116億円の酒税を追加納税し、今後は製造方法を一部見直した上で7月15日に新「極ZERO」を発売していく。なお、今回発生した追加納税分の116億円については、2014年12月期第2四半期決算に特別損失として計上する予定とのこと。

 あなたにオススメの記事