FUKUSHIMA

福島原発「警戒区域」の浪江町をストリートビューで Google

 Googleは4日、福島県双葉郡浪江町内でのストリートビュー撮影を開始したと発表した。ストリートビューならばネット上から立入禁止の故郷も確認できる。同町の町長や町民たっての要望にGoogleが応えた。

 

 福島第一原発から近い同町は、現在、町の半分が原発から20キロ圏内の「警戒区域」に、残り半分が「計画的避難区域」に指定されたままの状態。町民2万1千人は避難生活を余儀なくされ、自宅でさえ立入禁止の状態が続いている。

 

 今、町の中はどうなっているのか――。Googleでは、そんな浪江町避難民や町長たちの要望に応え、ネット上の地図から写真で町中の様子がわかるストリートビューの撮影を浪江町で開始した。

 

 Googleでは「町の様子を記録することで故郷を離れて暮らす住民の方に見て頂くだけでなく、次世代に災害の記憶を継承し、震災の風化を防ぐことを期待」するとのこと。撮影は数週間で終わり、完成までは数カ月かかる見通し。

 あなたにオススメの記事