トピック
Loading

国家公務員総合職試験 1918人が合格 女性の数は過去最高

 人事院は23日、2014年度の国家公務員採用総合職試験における合格者を発表。いわゆるキャリア官僚となる大卒・院卒者は合計1918人にのぼり、そのうち女性の数は過去最高の399人だった。

 

 今年の合格者数は、大卒程度試験が1367人で院卒者が551人。前年度に比べて、大卒が85人、院卒が80人増えており、倍率はそれぞれ14.8倍と7.0倍だった。

 

 女性の合格者数は昨年度の342人に引き続いて過去最高を更新しており、今年は全体の20.8%を占める399人。そのうち大卒が306人(前年比51人増)で院卒が93人(前年比6人増)だった。

 

 合格者の出身を見ると、国立大学がトップの1336人(全体の69.7%)で、以下、私立大学が520人(27.1%)、公立大学が48人(2.5%)、その他外国の大学等が14人(0.7%)と続く。

 

 なお、合格者は6月25日から実施される各府省の面接などを行い、その結果により配属先が決定、来年4月から採用される。