生活情報

優先席付近での携帯マナー 「混雑時に」電源オフへ緩和 関西各社

 JR西日本と関西鉄道協会加盟の鉄道各社は25日、これまで優先席付近では終日電源を切るようにしていた携帯電話のマナー案内を7月1日以降は「混雑時には電源をお切りください」と以前より緩和された表現に変更すると発表した。

 

 JRをはじめ関西地区の私鉄や地下鉄など25社局が共同で表明したもので、7月1日以降、各社で順次導入していく。

 

 変更の理由については、総務省での指針改正があったことや「昨今の携帯電話の利用形態の変化などの実態を踏まえて、より多くのお客様に守っていただけるよう」案内を見直すとしており、車内での通話に関しては、これまで通り「ご遠慮いただくよう引き続き呼びかけてまいります」とのこと。

 

 なお、今回の変更に合わせて各社共同で配布されたポスターには、植込み型医療機器を使用している乗客の中には依然として携帯の電波に不安を感じる人がいるという状況を説明し、携帯端末と装着部位が15センチ以下にならぬよう注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事