IT

「雪で大阪がえらいこっちゃ」大阪弁のアナ雪の名曲!60万回再生

   3月に公開され、記録的な大ヒットとなっているディズニー映画「アナと雪の女王」。


   「レット・イット・ゴー」など物語を彩る名曲も魅力の一つだが、その”大阪弁バージョン”がYouTubeで公開され、再生回数が60万回を超えて話題となっている。


   歌詞が大阪弁になっているのは、アナが姉エルサの住む城を訪ね、2人で歌う「生まれて初めて」(リプライズ)。帰ってくるよう説得に来たアナとエルサのやり取りが、


アナ「なあ 2人で山 下りようや 怖がらんといて」
エルサ「お願いや 帰りなさい」
アナ「けど」
エルサ「ええねん ここでは一人やけど 自由に生きられるんや」
アナ「それはアカン」
エルサ「なんのこと?」
アナ「おおさかが危機なんよ 雪と氷でえらいこっちゃや」


……と、大阪弁で繰り広げられている(一部省略)。


   歌っているのは、大阪在住のシンガーソングライター・神奈さん。YouTubeでの”大ヒット”ぶりには本人も驚いたようで、Twitterで


神奈 @kanna123k
「もうびっくり通り越してこれ歌ってるの私かすら疑問になってきた(笑)」


と信じられない様子。


   「生まれてはじめて」は他にも博多弁、広島弁、岩手弁、山形弁と続々と「ご当地バージョン」が公開されており、聞き比べてみるのも楽しそうだ。

 

 あなたにオススメの記事