気象

東北と東日本で29日は落雷や竜巻に注意 気象庁

   気象庁は、東日本と東北地方の広い範囲で29日、大気の状態が非常に不安定になるとして、落雷、竜巻などの激しい突風、ひょう、局地的な激しい雨に注意するよう呼びかけている。


   気象庁によると、東北地方は29日午後、この時期としては強い氷点下12℃以下の寒気が流れ込む見込み。また、日本付近の低気圧の影響で湿った空気が流れ込み、東日本と東北地方では、広い範囲で積乱雲が発達するとみられる。


   東日本と東北地方では、福島市・鷲倉で29日朝までの24時間雨量が166ミリに達したり、新潟県佐渡市相川で6月としては過去最大となる1時間36.5ミリの雨が降るなど、すでに局地的に激しい雨となっている。


   気象庁は、落雷、降ひょうによる農作物や農業施設への被害に注意し、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は竜巻が発生する恐れがあるため、建物内に移動するなど安全確保に努めるよう促している。

   

 あなたにオススメの記事