外交
Loading

米国防長官「集団的自衛権」を前向き評価

 米国のチャック・ヘーゲル国防長官は1日、日本政府が「集団的自衛権行使容認」の閣議決定を行なったことに対し、前向きの評価を示す声明を発表した。

 

 同長官は声明の中で、これにより日本の自衛隊は、より広範な作戦に従事することができ、日米同盟はより効果的になるとするとともに、「この決定は日本が地域・世界の平和と安定により大きく貢献をする上で重要な第一歩」と評価。

 

 さらに「米国が各国とのガイドライン(防衛協力指針)を改訂することにより、同盟関係を時代に合ったものにする努力を補完するもの」と述べ、来週ワシントンで開かれる小野寺五典(いつのり)防衛相との会談に対する期待感を示している。

 あなたにオススメの記事