リコール

また自民…国会でもセクハラ野次 大西衆院議員が謝罪

   東京都議会でのセクハラ野次に続いて、衆議院でも委員会中に日本維新の会の上西小百合議員(31)に対し、自民党の大西英男議員(67)が「早く結婚して子供を産め」といった発言をしていたことが明らかになった。


   問題の発言があったのは、4月17日の総務委員会。上西議員が人口減少の歯止め対策について質問していたところ、自民党席から「自分が早く結婚して子供を産まなきゃダメじゃないか」と野次が飛んだ。上西議員によると、「そうだそうだ」と拍手喝采まで起きたという。


   都議会での問題発覚後、発言者との指摘を受けた大西議員は上西議員に4日、電話で謝罪。自身のホームページにも「当時の映像を精査した結果、私の発言があったと確認した。親しみから不用意な発言をし、反省している」とコメントを載せた。


   上西議員はブログで、「私だけに対する誹謗中傷なら流すこともできますが、多くの方々に届く言葉ですので看過することはできません」と指摘。「何より野次に呼応された方々が大多数だったことが残念。野次を飛ばしたり、賛同された議員各位が謙虚に反省して、考えを改めていただき、真摯な国会審議がなされる環境を作り直していただければ」と述べている。


   大西議員は東京16区選出。東京都議を経て2012年の衆院選で初当選した。

 あなたにオススメの記事