気象

数十年に一度 台風8号が宮古島へ接近 特別警報は継続

 気象庁の8日午前8時45分の発表によると、大型で非常に強い台風8号は、宮古島の東約90キロに位置しており、現在、時速20キロで北へ進んでいる。

 

 中心気圧は930ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。

 

 中心の東側280キロ以内と西側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いており、中心の南東側700キロ以内と北西側440ロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 台風8号は依然として非常に強い勢力のまま北上しており、明日(9日)の午前6時には東シナ海に達し、10日には九州西部へ接近する見込み。

 

「数十年に一度程度」の気象災害のおそれがあるとして昨日気象庁から出された特別警報も依然として継続しており、同庁では沖縄本島地方に対して暴風・波浪、宮古島地方に暴風・波浪・高潮への警戒を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事