気象

台風8号接近中の沖縄市などに大雨特別警報も

 気象庁は8日午後2時12分、大型で非常に強い台風8号の接近している沖縄県の沖縄市・南城市・嘉手納町に対し、大雨特別警報(土砂災害)を発表した。

 

 すでに沖縄本島地方の全域に対し、暴風・波浪・高潮の特別警報が出されていたが、本島中南部では土砂災害や河川の増水に対する危険が高まったとして大雨特別警報(土砂災害)が追加され、同庁では更なる警戒を呼びかけている。

 

 なお、特別警報とは「数十年に一度程度」の気象災害のおそれがある場合に発表されるもので、昨日(7日)、宮古島地方に出された暴風・波浪・高潮の特別警報も継続している。

 あなたにオススメの記事