気象

台風8号 東シナ海から九州へ上陸の可能性

 9日午前7時50分の気象庁発表によると、台風8号は現在東シナ海を時速20キロで北進しており、明日(10日)午前6時には鹿児島県枕崎市の西約150キロへ進み、その後九州へ上陸する可能性もある。

 

 現在、台風8号の中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルと、若干勢力を弱めながらも依然として強い勢力のまま東シナ海を北進中。

 

 中心の東側310キロ以内と西側170キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっており、中心の東側700キロ以内と西側440キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 今後の進路予測では、10日の午前6時に鹿児島県枕崎市の西約150キロへ進み、その後、九州へ上陸あるいは最接近し、11日午前3時には四国沖へ抜ける可能性がある。

 あなたにオススメの記事