気象

台風8号 11日朝にかけて東海・関東甲信へ最接近

 気象庁によると、台風8号は和歌山県田辺市の南西約50キロを東北東へ向けて時速45キロで進んでおり、東海地方では11日の明け方にかけて、関東甲信地方では11日朝にかけて最接近し、激しい雨が降る見込みとなっている。

 

 台風8号の中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心から南東側600キロ以内と北西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 台風の接近にともなって東海・関東甲信地方では激しい雨が降っており、11日午後6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多い所で下記のようになっている。

 

愛知県150ミリ
岐阜県150ミリ
三重県100ミリ
静岡県250ミリ
関東北部200ミリ
関東南部250ミリ
甲信250ミリ
伊豆諸島100ミリ

 

 気象庁では、いずれの地域に対しても土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・はん濫、また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要としており、発達した積乱雲の近づく兆しがあるときには建物内に移動して安全確保するよう警戒を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事