気象

台風8号 夕方までには三陸沖へ抜けて温帯低気圧に

 気象庁によると台風8号は現在、千葉県銚子市付近を時速45キロで東北東へ進んでおり、昼から夕方にかけて三陸沖へ抜けて温帯低気圧に変わる見込みとなっている。

 

 台風8号の中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の南東側600キロ以内と北西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 11日午前5時前には千葉県富津市付近に再上陸したが、現在は銚子市付近を東北東へ進んでおり、昼から夕方にかけて三陸沖へ抜けて温帯低気圧に変わる見込み。

 

 ただし、梅雨前線が東北北部に停滞しており、前線の南側には台風からの暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になっているため、東北地方の北部を中心に11日昼前にかけて雷を伴った激しい雨が降り、北海道の太平洋側東部では11日昼過ぎから夜のはじめ頃にかけて非常に激しい雨が降るおそれがある。

 あなたにオススメの記事