リコール

号泣元県議 野々村氏がブログでお詫びも同日に記事削除

 政務活動費の不自然な支出をめぐり、記者会見で号泣した元兵庫県議員の野々村竜太郎氏が、自身のブログで12日午前9時に「お詫び文」を掲載しながら、同日夜、それを削除していたことが明らかになった。

 

 野々村氏は12日のブログで、まずは辞職までの経緯を「私の政務調査費・政務活動費収支報告について、議会の再調査でも、説明できない・不適切な支出がありましたことが明らかになり(中略)全ての混乱の全責任を取り、議長の辞職勧告を厳粛に受け止め、議員辞職しました」と説明。

 

 また、「刑事告発されましたことに、真摯に深刻に受け止め、非常に反省しています」と反省の弁を語り、さらには「子供のように号泣し、政務活動費を議員活動全体に比較すれば小さいことだと発言したことを心からお詫び申し上げます」と自身の記者会見での対応についてもお詫びの文言を掲載した。

 

 しかし、過去に支出した政務活動費については「全ての政務調査費・政務活動費支出の全額に利子を加算しました総額を一括返納します」と語るだけにとどまり、ブログの途中では「週刊誌等で本件と直接関係のない家族等についての虚偽や誤解を招く内容等一切の報道を厳粛願いませんでしょうか!(以上、ブログの原文引用)」と少々語気を強めるような一文も。

 

 このお詫びブログは12日の夜になって突如削除されたが、インターネット上では一度掲載された記事などは「ウェブ魚拓」サービスなどに保存されており、野々村氏が削除した同記事も全文が確認できるようになっている。

 あなたにオススメの記事