防災知識

福岡市が毒グモマップを公開

 福岡市は8日、市内で毒を持つセアカゴケグモにかまれる被害が出ていることから、平成24年、平成25年の「ゴケグモ類発見状況マップ」を市のホームページで公開した。

 

 ゴケグモ類にかまれると、重症の場合、腹部や全身に強い痛みを生じたり、けいれんを起こすケースもあることから、福岡市では、これまでも駆除に力を入れるとともに、予防のために市民に対し情報提供を行なってきた。

 

 ちなみに「毒グモのハザードマップ」を公開するのは全国でも初めて。

 

 あなたにオススメの記事