トピック

農業女子的トイレが完成 くみ取り不要で休憩もできる

 農林水産省は、同省が進めている「農業女子プロジェクト」と株式会社レンタルのニッケン(東京都千代田区)が共同開発してきた「農業女子的トイレ」が完成し、今月23日に完成発表会を行なうと発表した。

 

 「農業女子プロジェクト」は、女性農業者が日々の生活や仕事、自然との関わりの中で培った知恵を、さまざまな企業のシーズ(新たな製品やサービスのタネ)に結びつけ、新たな商品やサービス・情報を発信することで、農業で活躍する女性の姿を広く周知していく取り組み。

 

 現在は、全国の20代から40代を中心とした女性農業者154人、サポーター186人、コラボ企業12社で構成され、さまざまな新商品、サービス・情報の開発を行なっている。

 

 今回の「農業女子的トイレ」は、レンタルのニッケンとの共同開発で、「くみ取り作業や洗浄水が不要な、自然環境に優しいバイオタイプを採用。トイレだけでなく、ちょっとした休憩もできるようなスペースにしてほしい」との農業女子の意見を反映させているとのこと。

 

 同トイレの完成発表会は、今月23日(水)に株式会社レンタルのニッケン 足利オフィス(栃木県足利市大久保町282-1)の午後1時から開催される予定。

 

 「農業女子プロジェクト」は安倍政権の進める「女性の活躍」に向けて、農水省が昨年11月からスタートさせたもの。

 あなたにオススメの記事