軍事

北朝鮮 軍事境界線近くで放射砲100発を発射

   韓国メディアは14日、北朝鮮が韓国との軍事境界線付近で、放射砲約100発を日本海に向けて発射したと伝えた。韓国の領海には落下していないという。


   綜合ニュースなどによると、北朝鮮軍は14日午前11時53分頃、非武装地帯の北方限界線から数百メートル離れた東海岸で、122ミリとみられる放射砲の射撃訓練を開始。砲弾は、韓国との海上の境界線から1〜8キロ北側に落ちた。


   北朝鮮が軍事境界線近くで射撃訓練を行うのは異例。今回の放射砲の発射も韓国への武力示威とみられ、韓国軍は警戒を強めている。


   6月末以降、北朝鮮は相次いでミサイルを発射しており、13日にも軍事境界線から20キロ離れた開城(ケソン)の北側で弾道ミサイル2発を日本海に向けて発射したばかり。

    

 あなたにオススメの記事