リコール
Loading

小保方氏の「STAP細胞・実験室」を理研が公開

 理化学研究所は15日、STAP細胞の存在を証明するために小保方晴子氏が実験を行う検証用実験室の画像と見取り図を公開した。

 

 実験室は、理研CDB(神戸市)内に設置され、部屋の広さは約25平方メートル。IDカードによる入退室の管理が徹底され、2台の監視カメラも取り付けられている。

 

 検証実験の結果については、11月を目処に発表されるとしており、それまでは研究不正再発防止改革推進本部が指名した立会人の同席の下に、小保方氏の実験が進められる予定。